「ニッポンを、遊びつくせ」オフィシャルサイト

ニッポンを、遊びつくせ!まだ、あなたの知らない日本がある。

ニッポンを、遊びつくせ!

ニッポンを、遊びつくせ!
東西南北、春夏秋冬、朝昼晩。 365日、24時間遊びつくせるのがニッポン。さあ、国内宿泊旅行を楽しもう。あなたの知らない日本が待っている。
ニッポンを、遊びつくせ!
ニッポンを、遊びつくせ!
動画はこちら - WORLD ORDER × ニッポン スペシャルムービー

WORLD ORDERが旅した場所のレポートを公開中。ここだけの限定画像やメンバーのコメントは要チェック。

2015.12.16

1

今や、日本を代表するご当地キャラクターの「くまモン」。肩書きは、熊本県の営業部長兼しあわせ部長。熊本市内のくまモンスクエアには専用のデスクが用意され、館内にはくまモングッズも多数置いてあります。熊本県のPRのため、各地を飛び回っていますが、ここで会えたら一日ハッピーな気分です。

2
3

軽快に「くまモン体操」を披露するくまモンは、お辞儀の姿勢もびしっとしている、礼儀正しい男の子。名刺を渡す姿も、堂々としたものです。
須藤元気

2015.11.18

1

夕暮れになると、天神のビル街に現れ始める屋台。いつも決まった場所で店開きする屋台は、ラーメン、おでん、もつ鍋、焼き鳥をはじめ個性的なメニューで、来る人を引き付けます。店主やお客同士の会話も、屋台ならではの醍醐味。ひとりでも、仲間とでも楽しい、気軽に入れる癒しの場所です。

2
3

博多の屋台は、市民にも観光客にも愛され続けており、女性ファンも多いのです。
落合将人

2015.10.14

_Z9A9632(投稿用)

熊本城の築城主加藤清正や名軍師と恐れられた黒田官兵衛など、戦乱の世を駆け抜けた、九州が誇る10名の武将たちが現代に甦り、威風堂々のおもてなしを繰り広げます。400年の歴史を物語る熊本城を拠点に活動しながら、みんなに喜んでもらえるおもてなしを極めるため、日々精進しているとのこと。

IMG_3570(投稿用)
K (2)(投稿用)

とにかく動きの速さがピカイチで、どうやったらこんな風にできるのでしょうか。教えてもらいたいです。
森澤祐介

2015.09.16

1

見よ!標高777mから望む360度のパノラマは、九州を代表するスケールの大きな景観。橋の上から見下ろす、日本の滝百選に選ばれている震動の滝や渓谷美は、いつまで見ていても飽きない程の彩りあふれる世界です。まさに、天空の散歩道を歩いている様な気分になります。

2
3

吊り橋を歩く時は、私達のように、ゆっくり揃って歩きましょう。
富田竜太

2015.08.19

1

滝の裏側にも入ることができる珍しい滝は、まさに自然が造る芸術品。水しぶきがかかるくらいの近さで、流れ落ちる水のカーテンを見ることができます。木々の緑と木漏れ日の輝き、清々しい水の流れが、訪れる人の心を癒してくれます。

2
3

滝の裏側は大きくえぐられていて、まるで洞窟を思わせる造り。地元の人たちもよく訪れる場所です。
落合将人

2015.07.15

1

北原白秋のふるさと柳川は、堀と水路が情緒豊かな景観を造り出す水郷の城下町。この町の魅力は、何といっても、ゆったりとした流れに身をまかせて堀を進む川下りです。船頭さんの船唄が心地よく響き、赤レンガ倉庫やナマコ壁の蔵などレトロな建物が、独特の趣を見せてくれます。

2
3

福岡県ゆかりの黒田官兵衛をモチーフにした「ふくおか官兵衛くん」が、川下りの舟に乗って、柳川のいいところをPRしてくれました。
内山隼人

2015.06.17

1

別府を代表する観光名所、地獄めぐり。8つの地獄が点在していて、生きている地球の神秘を肌で感じることができます。山地獄は山のあちらこちらから噴気が上がっており、コバルトブルーの海地獄は冷たい海とは正反対の98度の熱さ。真っ赤な血の池地獄は、血の色を思わせるような、まさに地獄の様相です。

2
3

別府の地獄で、僕たちの動きを見てくれた「べっぴょん」。温泉マークを思わせる頭の形は、温泉の町別府ならではのキャラクターです。
須藤元気

2015.05.20

1

学問の神として、菅原道真公を祀る太宰府天満宮。もっともっと頭が良くなるように、お参りしました。日本有数の梅の名所としても知られ、菅原道真公を慕って一夜にして京から飛んできたというロマンチックな伝説を持つ御神木の飛梅は、太宰府のシンボルです。

2
3

参道には多彩な店が軒を連ね、和菓子でちょっと一息入れるのもおすすめです。
森澤祐介

2015.04.22

1

山里の静かな温泉街で、個性豊かな露天風呂と情緒ある町並みが人気の黒川温泉。ここでのおすすめは、入湯手形での露天風呂めぐりです。6ヶ月間有効、3箇所入浴できるので、ゆっくり使えます。中には、全部を制覇するつわものもいるとか。各旅館の特徴ある露天風呂を堪能しましょう。

2
3

湯気ですぐにメガネが曇ってしまう温泉は、火の国熊本が誇る自然の恵みです。
内山隼人